1試合18奪三振は大記録

2011年8月27日、楽天の田中将大投手が首位ソフトバンク相手に1試合18奪三振という記録を打ち立てた。これは、長い日本プロ野球の歴史の中でも、歴代単独2位の大記録だ。報道も、もっと大きな扱いをすべきである。

今年から統一球になって、投手が大崩れしにくくなっている。ダルビッシュや杉内といった好投手も、絶好調なら同じくらいの三振を奪える可能性がある。
野田浩司が持つ1試合19奪三振のプロ野球タイ記録、そして、1試合20奪三振の新記録も、近いうちにみられるのではないかと予想している。

田中将大 ?若きエース4年間の成長?
小学館
TBS『S★1』田中将大取材班

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 田中将大 ?若きエース4年間の成長? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック