ソフトバンクの圧倒的な優勝と功労者

2011年10月1日、ソフトバンクがパリーグ2連覇を果たした。
10月1日現在、2位日本ハムに13ゲーム差をつけており、チーム打率・チーム防御率ともに圧倒的であり、交流戦も優勝している。開幕が遅れていなければ、9月半ばに優勝が決まっていた計算になり、いかに今年のソフトバンクが強かったかがうかがえる。

打線にも投手陣にも守備、走塁にもほとんど隙がない最強チームであり、日本のプロ野球史上でも指折りの強さだと言える。
それだけに優勝の功労者を1人に絞るのは至難の業だ。何せ今年、MVP級の成績を残した選手が1人か2人抜けていても、おそらくは優勝できたのではないか、というほどの強さだったからである。
先発投手では和田、ホールトン、リリーフでは森福、ファルケンボーグ、打者では内川、松田、本多あたりである。一体、誰がMVPになるのか、は、注目しておきたいところである。


卓上福岡ソフトバンクホークス [2012年 カレンダー]
ハゴロモ (株式会社 ハゴロモ)
2011-09-21
トライエックス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卓上福岡ソフトバンクホークス [2012年 カレンダー] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック