松井の戦力外に見る大リーグの非情

 イチローのヤンキース移籍も驚いたが、松井が戦力外になったことにはさらに驚かされた。
 今年の成績を見れば、戦力外と言われても仕方ない成績ではあるのだが、これまでの実績を考えれば、戦力外への決断が早すぎる気がする。

 だが、それだけ大リーグは、競争が厳しいということである。日本では松井以上の年齢の選手たちがまだまだレギュラーとして多数活躍している状況であり、松井も、日本でなら主軸として一流の成績を残せるだろう。

 それだけに、松井には日本球界復帰を決断してもらいたい。大リーグでは、これ以上いてもおそらくは代打での起用しかしてもらえない状況が続くはずだ。それほど大リーグは、打者の選手層が厚い。
 日本人大リーガーが帰国後に日本でタイトルを獲得したことがないだけに、松井にはそれを期待したい。



壁を打ち破る100%思考法 [ 松井秀喜 ]
楽天ブックス
PHP文庫 松井秀喜 PHP研究所発行年月:2011年04月 予約締切日:2011年03月31日 ペ


楽天市場 by 壁を打ち破る100%思考法 [ 松井秀喜 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

サイトからきました
2012年10月31日 05:05
大リーグはメジャーで実績を積んだベテラン選手はあえて戦力外にして飼い殺しにせず、欲しいと手を上げるチームに移籍させることで選手もチームもwinwinの関係を築いてるんだと思います。

今年は松井含めデーモン等ベテラン指名打者には試練の年でしたが大リーグの指名打者に対する考え方が変ってきたからしょうがない気もします。

英智の引退セレモニーを見て守備要員としてはまだまだ現役で活躍できるのにもったいないなぁ、アメリカなら自由契約になって他のチームが拾うのになぁって思いました。

この記事へのトラックバック