WBCオランダ戦

オランダ戦は、厳しい戦いになると予想していたが、先発投手の投手力の差がそのまま試合の流れを作り、日本が予想外の圧勝となった。これで準決勝進出ということで、日本代表としては最低限の結果はこれで残せたと言っていいだろう。
この大勝によって、打撃陣が次の試合で大振りになってしまい、ポップフライばかりを打ち上げてしまわないか心配なところではあるが、中距離ヒッタータイプが多いだけに、そこはしっかりと本来のバッティングの型を失わないでアメリカに行ってほしい。

打撃陣は、これで心配ないのだが、今回のWBCでは投手陣に心配が残る。前田以外は、危なっかしいピッチングが目につくため、前回大会に比べて常にひやひやしながら見ていなければならない試合が続く。
今日の試合も、もし前田が先発でなければ、乱打戦のもつれた試合になっていたのではないだろうか。

そして、最も気になったのは、センター糸井の守備。名手であるはずの糸井が正面のライナーを後ろに反らしてしまった。確かに打ったバレンティンの打球の勢いはすさまじかったが、あの打球は獲ってほしかった。ああいったプレーが今後、勝負を分けることもあるので、たった1つの守備のほころびが気になった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック