山井投手のノーヒットノーラン

2013年6月28日、中日の山井大介投手がDeNA戦でノーヒットノーランを達成した。
山井投手は、好調なとき、ストレートの切れとスライダーの切れが素晴らしく、はまれば打者は手も足も出ない。
しかし、球威がなくてコントロールが悪い時は四球から崩れ、序盤につかまってしまう。
そんな両極端さを持つ投手なのだが、最近は、以前よりもコントロールが安定してきて、若いときの球威は少し落ちてきてはいてもそれを技術でカバーできるようになった。

山井投手と言えば、2007年の日本シリーズ第5戦をどうしても思い返さずにはいられない。あのときは、球威、コントロールともに申し分なく、8回まで完全試合をしていた。しかし、右手の豆がつぶれていたため、自ら大事を取って森コーチに交代を申し出て、落合監督が承諾して岩瀬に交代する、というサプライズがあった。
あのときの経緯は、落合監督や森コーチの著書で詳しく述べられて、世間にも徐々に浸透してきてはいるが、当時は一切の情報が洩れなかったため、落合監督の独断での交代という誤った情報が流れて物議を醸した。

今回のノーヒットノーランは、あのときよりも球威、コントロールともに悪く、完全試合は無理な状態。それでも、ノーヒットノーランをできた、ということは、いかに山井投手の技術が進化しているかを示すものである。
しかし、山井投手は、いまだ2桁勝利を挙げたことがない。意外なことにこれまでの最高勝利数は7勝なのである。
故障があまりにも多かったというのがその理由でもあるのだが、技術が進化し、無理のないフォームを身に付けつつある今、そろそろ2桁勝利を挙げて、エースとしての活躍を見せてほしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック