楽天は、田中将大の大リーグ移籍を容認してほしい

 楽天の田中将大投手が大リーグに移籍できるのかどうか。今年のオフ最大の焦点は、ここにある。
 新ポスティングシステムの入札額上限20億円に抑えられてしまったことで、楽天にとっては、商業利益を優先させて田中をもう1年保持するか、田中の希望を最優先に考える人徳をとるか、という二択を迫られている。

 状況判断が極めて難しく、もう1年待ったからといって、入札額の上限が上がる保証はない。日本プロ野球界の交渉能力では、さらに悪化する可能性すらある。そのうえ、田中が故障して、田中自身の価値が下がってしまう可能性も考えて置かねばならない。
 また、田中の希望に沿わずに田中を残留させてしまえば、世論の反発を招いてしまうことも考えられる。
 田中を残留させれば、連覇の可能性は大きく上がるうえ、膨大な観客・グッズ収入も見込めるが、田中の希望と世論を後回しにして残すメリットをどう考えるかである。

 それらを天秤にかけていくと、楽天は、田中を残留させるより、大リーグへ移籍させてあげた方が得策だろう。目先の利益を最優先させて企業イメージを悪化させるよりも、選手や世論の希望に沿う選択をして、企業の好感度をアップさせた方が先々の利益となることが予測できるためである。

果たして、楽天は、どのような決断を下すのだろうか。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック