日本学生野球憲章は改正が不可欠

今年最初のブログ記事とサイト『伝説のプレーヤー』のコラムは、高校野球の対外試合禁止問題にしようと決めていました。

近年、いじめや体罰が社会問題として報道で大きく取り上げられ、ネット上をにぎわしていますが、その影響をまともにうけて高校野球の対外試合禁止処分もまた増加の傾向があります。
いじめ撲滅、体罰撲滅を願う世論の傾向を受けて、処分が厳しくなっているように感じます。

処分を厳しくすることについては、しっかりと調査・確認を行ってやってもらえるなら異論がないのですが、そうでない上に、そもそも対外試合禁止処分という連帯責任制が誤ったやり方であるがために、無実の生徒を悲劇に陥れてしまう弊害が後を絶ちません。

いじめや体罰は、どうやっても撲滅できることはないでしょう。必要悪というわけではありませんが、なくなるにはすべての人が聖人でなければなりませんから、なくなりません。

それならば、すべての人々が納得できるような処分に改善しなければならない。そのためには、形骸化した不服申立てでは対応不能であり、諸悪の根源となっている対外試合禁止処分を廃止する必要がある。かくして、私としては、日本学生野球憲章から対外試合禁止処分の排除と高校全体に対する処分の排除が不可欠との結論に至りました。



夏を赦す [ 長谷川晶一 ]
楽天ブックス
長谷川晶一 廣済堂出版発行年月:2013年10月 ページ数:350p サイズ:単行本 ISBN:97


楽天市場 by 夏を赦す [ 長谷川晶一 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック