井端の穴

2014年のセリーグ最大の注目といえば、首脳陣が一新した中日である。
森コーチが戻ってきたことで、12球団一と言われた2011年以前の投手力かそれ以上の状態に立て直せるかどうかがまず注目しておきたい。

だが、それ以上に注目しておきたいのが、井端の抜けた遊撃手の穴である。
入れ替わりのような形で巨人から加入した小笠原は、一塁手かDH、代打の切り札での起用が濃厚で、そうなるとレギュラー遊撃手だった井端の穴を誰がカバーするかということになる。

候補としては高橋周平、エルナンデス、岩崎恭平、堂上直倫の4人が争うことになりそうだ。パンチ力では高橋、総合力ではエルナンデス、ミート力では岩崎、守備力では堂上と、それぞれ異なるタイプだけに面白い。このオープン戦での状態によって、この4人のうちの1人が開幕遊撃手の座を射止めることになるだろう。
それにしても、前首脳陣が岩崎達郎を楽天に放出してしまったのは痛い。チームが誤った方向に進んでしまった空白の2年間がなく、もし今の中日にいれば、正遊撃手の有力候補だったにちがいない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック