野球界の親分 大沢啓二

「親分」と言えば、大沢啓二の愛称である。「あっぱれ」「喝」「イラブクラゲ」など、巧みな発言でプロ野球を盛り上げた。
 選手としての実績は通算501安打でしかないが、監督としては13年間も務めており、1981年に日本ハムをリーグ優勝に導いた。それでも、不本意な成績に終わって、グラウンドでファンに土下座する姿が焼き付いているのは、やはり大沢の魅力である。
 大沢は、監督を退任後も、長年、プロ野球界のご意見番としてテレビで活躍した。親分肌のその発言は、芸能界でも目立っていて、プロ野球ファンの拡大に一役買っていた。
 総合的な評価では、当然殿堂入りすべき存在である。

「伝説のプレーヤー」
http://dogyamanet.web.fc2.com/



BBM2009 プロ野球OBクラブオフィシャルカードセット プロモーションカード 大沢啓二
かーど屋本店楽天市場店
2009年BBM発売のカード『プロ野球OBクラブオフィシャルカードセット』のプロモーションカード大沢


楽天市場 by BBM2009 プロ野球OBクラブオフィシャルカードセット プロモーションカード 大沢啓二 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック