ミスタードラゴンズの後継者 森野将彦

 森野がレギュラーを獲得したのは2006年、28歳のときだ。一流になる選手としてはかなり遅咲きと言える。
 それもそのはずで、当時の中日は、選手が揃っていて、レギュラーに食い込むのは並大抵のことではなかった。

 森野は、外野手と内野手を掛け持ちしながら、ミスタードラゴンズ立浪を押しのけてレギュラーを獲得する。
 今では想像しがたいことだが、当時は、立浪を差し置いて森野を起用することにファンから大きな反発があった。名球会入りした名選手を控えに回すほどの選手なのか、というファンの厳しい見方である。

 しかし、森野は、自らの実力でそんな反発を抑え込んでみせた。今や押しも押されぬ中日の主力選手としてベテランの域印差し掛かろうとしている。
 安打数も1500に到達しようとしている。このままいけば、3年後くらいには2000本安打が見えてくるだろう。近年は、選手寿命が延びており、中日は、実力さえあれば起用してくれる球団だから、きっと到達するはずである。


伝説のプレーヤー
http://dogyamanet.web.fc2.com/



OL04 012D30森野将彦SS
フルアヘッド
OL04 012D30サード森野将彦ビューティフル・センスSS


楽天市場 by OL04 012D30森野将彦SS の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック