大谷翔平投手の大リーグ挑戦は尚早

 大谷投手が日本プロ野球のドラフト1位候補でありながら大リーグ稜線を表明した。
 その後、実際に日本ハムがドラフト1位で指名したのだが、大谷投手は、大リーグ挑戦の意志を崩していない。

 大谷投手が大リーグで成功できるか?それは、実際にどこまでアメリカで成長できるかにかかっているので予想することは難しいが、現状のままでは成功の可能性が低い。
 確かに球速は、大リーグで通用するレベルだが、投球術や変化球の精度、制球力を磨かないとまだ通用しない。
 
 打者なら確実に日本で実績を積んでから大リーグ挑戦を果たした方がいい。しかし、投手なら、総合的にアマチュアで突出した投手なら、そのまま大リーグでも通用することもある。
 大谷投手は、球速以外の面でまだ突出した投手ではない。ゆえに、日本で経験を積み、日本を代表する投手になってから大リーグに挑戦した方がいいのだ。

 選択の自由は、誰にでもあるが、その見極めを誤ると、せっかくの逸材が台無しになってしまいかねない。
 ゆえに、私は、大谷投手が日本ハムに入ってくれることを願っている。

"大谷翔平投手の大リーグ挑戦は尚早" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント