主力でも代打でも大活躍した大島康徳

 大島康徳と言えば、宇野のヘディング事件の巻き添えを食らったレフトであったことや、宇野の走者追い越し事件の走者だったことが記憶に鮮烈だ。
 しかし、大島の魅力と言えば、一発だ。本塁打王獲得はもちろん、シーズン代打本塁打の日本記録も樹立した。
 セパ両リーグで活躍し、当時としては異例の44歳までプレーしたという息の長い選手でもあった。中日では徐々に出場機会を減らしていたが、パリーグの日本ハムに移籍してからはまた主力として活躍し、選手生命を伸ばした珍しいパターンでもある。
 通算代打本塁打20本と言う記録もあり、早く殿堂入りしてほしいものである。

大島康徳 記録と伝説
http://dogyamanet.web.fc2.com/player/sportsooshima.htm



【送料無料】 ぐんぐんうまくなる!バッティング / 大島康徳 【単行本】
LAWSONほっとステーション
商品の詳細ジャンル実用・ホビーフォーマット単行本出版社ベースボール・マガジン社発売日2007年10月


楽天市場 by 【送料無料】 ぐんぐんうまくなる!バッティング / 大島康徳 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



"主力でも代打でも大活躍した大島康徳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント