テーマ:広島

PL学園と広島が生んだ大投手 前田健太

 PL学園が生んだ最後の大投手と言えば、前田健太になりそうだ。高校野球の実績では桑田真澄に劣るものの、プロ野球での成績は桑田をしのぐ通算成績を残しそうである。  直球やスライダーの切れとコントロール、巧みな投球術やスタミナなど、どれをとっても一級品であり、大リーグでもエースになれる可能性を秘めている。  WBCでは日本のエースとして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島の看板選手 丸佳浩

 走好守が揃った広島のスター候補選手であり、本塁打も打率も稼げるバッティングが魅力である。選球眼も良く、守備も巧く、おまけに盗塁技術もある。  広島からは走好守が揃った選手がOBにも多くいるのだが、丸は、そういった大選手に匹敵する能力の持ち主である。   1年を通じて調子を持続できれば、とか、もう少し本塁打すが増えれば、といったよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忍者のような二塁手 菊池涼介

 菊池が台頭してきたとき、その守備力には度肝を抜かされた。縦横無尽に動き回るそのスピードと、素早い送球技術は、2014年に二塁手の補殺数日本記録535を打ち立てたことでも証明できる。  バッティング面でも毎年安定した成績を残せるようになれば、歴史に残る名二塁手となるはずである。  丸との菊丸コンビで広島の黄金時代を築く可能性を秘めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相手にとっては嫌らしい打者 東出輝裕

 いつのまにか姿を見かけなくなった東出だが、まだ35歳であり、まだまだ一花咲かせることが可能なはずだ。  東出が計ったように一二塁間をゴロで破っていくライト前ヒットを量産していた頃は、本当にいやらしい選手だった。  菊池が出てくるまでは、広島の二塁手と言えば東出で、攻守に渡って広島を牽引する選手だった。  本塁打は、通算12本と少…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島想いのいじられ役 新井貴浩

 広島時代の兄貴分金本知憲からは常にいじりの的になり、ときに粗い打撃で凡退することからネットでは「粗いさん」と呼ばれる新井。  しかし、野球に取り組むひたむきさと義理堅さがあり、多くのファンから愛されている。広島に年俸2000万円で戻ったことは、黒田とはスケールこそ違えど、称賛すべき男気である。  2007年オフにFAで阪神に移籍し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

20世紀最後の広島リーグ優勝の立役者 佐々岡真司

 新人ながら13勝17セーブという獅子奮迅の活躍を見せたときには驚いたが、さらに驚かされたのは、翌1991年に17勝を挙げて広島をリーグ優勝に導いた活躍である。あれがまさか20世紀最後のリーグ優勝になるとは思わなかったが……。  エースとして活躍したり、守護神として活躍したり、とチーム状況に合わせて広島一筋で投げまくって100勝100…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島一筋の盗塁王 緒方孝市

 今となっては非常に紛らわしいのだが、「マイクを持った盗塁王」の緒方耕一とは別人である。緒方耕一は、巨人で走塁のスペシャリストとして盗塁王2回を記録しているが、緒方孝市は、広島で主軸を打って盗塁王3回を記録している。どちらも盗塁王であることが紛らわしさを増大させる。  緒方孝市の方は、ゴールデングラブ賞も5回獲得している他、3割30本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幻の日本人初の大リーガー野手 野村謙二郎

 同時代に前田、江藤、金本らがいたせいで、私から見た野村の印象は意外と地味なのだが、最多安打3回を誇る安打製造機で、盗塁王3回を誇る韋駄天だった。トリプルスリーも達成したのだが、本塁打数はその年だけ突出していて、よく1チャンスをものにできたものだ。  全盛期は、大リーグ入りの可能性もあった。日本人初の野手としての大リーガーは周囲の反対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒田博樹の記録と伝説

今年のペナントレースは、おそらく広島が最大の話題となる。何せ、21億円以上を提示した大リーグからのオファーを蹴っての広島復帰である。 育て上げてくれた広島への恩義を忘れず、毎年オファーを出してくれた広島に恩返しをするために、戻ってきたのだ。 始まってみないと分からないが、広島が優勝争いに絡んでくると、優勝争いは面白くなる。黒田、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソリアーノの名球会騒動

 ヤンキースのソリアーノが日米通算2000本安打を達成したことで、日本の名球会に入れるかどうかが議論になっている。 さまざまなメディアがソリアーノの通算2000本安打達成が近づいてきた頃から騒ぎ始めたからだ。ソリアーノは、日本のプロ野球で1997年に広島で2安打放っていることで、加入条件を満たしてしまう。  個人的には、ほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あまり知られていない山本浩二の偉大なる実績

 いよいよWBCが始まる。2月18日に日本代表選手28名が決まり、3月2日からWBCの第1ラウンドが始まる。  今はまだ世間も静かだが、実際に試合が始まると、また4年のように日本中が熱狂することになるだろう。  そんなWBCの話を会社でしていて、私より10歳若い20代の男性から 「山本浩二って何者なんですか?」 と質問された…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more