テーマ:WBC

WBC準決勝 プエルトリコ戦

日本にとっては平日の午前に開催となったWBCのプエルトリコ戦。 前評判の高くなかったプエルトリコだけに、勝てるのではないかという楽観が試合前からあったが、実際は、ベネズエラやアメリカがいる激戦区を勝ち上がってきただけに、投打ともにバランスがとれた強いチームだった。 わずか1試合ですべてが決まるトーナメントだけに、わずかなほころび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBC 2次ラウンド1位決定戦

WBCの2次ラウンド1位決定戦は、1度圧勝したオランダとの再戦だった。 オランダは、極端なほど打撃のチームで、どちらかと言えば投手のチームである日本とは対照的と言えるのだが、結果は10-6で日本が打ち勝つ、という内容になった。 勝っても負けても決勝ラウンドへは進めるだけに、悪く言えば消化試合なわけだが、日本にとってメリットだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBCオランダ戦

オランダ戦は、厳しい戦いになると予想していたが、先発投手の投手力の差がそのまま試合の流れを作り、日本が予想外の圧勝となった。これで準決勝進出ということで、日本代表としては最低限の結果はこれで残せたと言っていいだろう。 この大勝によって、打撃陣が次の試合で大振りになってしまい、ポップフライばかりを打ち上げてしまわないか心配なところではあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WBCの台湾戦と井端

WBCの2次ラウンドは、かなり厳しい戦いになることは予測していたが、台湾戦からここまで厳しい戦いになるとは思わなかった。 1点を追う9回2アウトで井端に打席が回ってきた、というのが、日本代表に運が残っていたというべきだろう。そして、鳥谷のギャンブルとしか言いようのない盗塁成功も、失敗したら、山本浩二監督と鳥谷は、日本中の批判を一身…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more